メニュー

施設長紹介

施設長ご挨拶

 

翔寿苑は1996年(平成8年)の創立以来、20年間以上にわたり、地域をはじめとする多くの方々のご理解とご協力を得ながら、より良い高齢者福祉を求めて歩んできた介護老人保健施設(老健)です。老健は高齢者が病院などの医療機関から在宅復帰までの過程で、これらの橋渡しをする中間施設であると位置づけられています。しかしながら現代では、介護を行うご家族の高齢化も進んでおり、また各家庭の様々な要因から、在宅での対応が困難になっていることも事実です。このため老健の社会的役割は、現在以上にますます重要になっていくと考えられます。これに応えて翔寿苑では介護、医療、看護からリハビリテーション、さらには栄養管理などのサービスを提供して、高齢の方や障害のある方など、利用者ご本人・ご家族が安心できる生活を送れるよう支援しています。

 翔寿苑では「多職種協働によるケアサービスを通して、利用者と職員の生活を向上させる」という理念のもと、職員が一丸となって、利用者の方々が安心して、かつ満足に過ごされるよう日々努力を重ねています。

 犠牲を払って行われる奉仕は本当の福祉とは言えません。

 翔寿苑は「利用者と職員がともに幸福になる」そして「職員がやりがいと満足を感じながら、笑顔で働く職場である」ことを目指しています。

 翔寿苑は利用される方々の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上を目指して総合的に援助します。

 以上を踏まえて私たちは皆さまの期待に応えられる施設であるよう誠心誠意努力する所存です。

 

                                                                                                                                        介護老人保健施設 翔寿苑 

                                                                                                                                           施設長 片山隆市

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME